うつ病とパニック障害、自律神経失調症で精神科に通院していたわたしでも保険に加入が可能でした。

 

スマホで持病のある人の保険を調べてる

 

 

「うつ病や自律神経失調症などで精神科や心療内科にかかるともう医療保険や生命保険には入れない」

 

 

という情報があるけど、それはうそ!

 

 

限定の保険になるのでちょっと割高になるのだけど、引受基準緩和型という保険がしっかりあるんです。

 

(高いとは言ってもちょっとだけ。もっと厳しい人には無選択型というものもあるのだけど、それは本当に高いです。汗)

 

 

 

それで、どこの保険会社が引受基準緩和型を扱っているか、というと大体の会社が扱ってはいます。

 

ただ、

 

 

資料を請求しにくいよね。

 

 

たぶん問題ないとは思うんだけど、どうしても引受基準緩和型の資料や申込書を請求した履歴を保険会社に残されるのは抵抗ある。汗

 

 

将来、緩和型以外の保険でその会社にお世話になることもあるかも知れないのに、そういう履歴を残されるのはね。汗

 

 

なので、

 

 

わたしは保険代理店に相談しました♪

 

 

※後日追記

 

精神科や心療内科の通院歴など、持病のある人の失敗しない保険加入の方法については別に書きました♪

 

⇒ 「心療内科の通院歴ある私が持病の保険加入で気づいた3つの事」

 

 

ピースネット

 

 

今回わたしがお願いしたのはピースネットという会社。

 

 

まずは資料請求すべきなんだけど、どうしてこの会社にお願いしたかっていうと、利用した事のある叔母に聞いたから。

 

それまでわたしも知らない会社だったんだけど、あまり大々的に宣伝するんじゃなくって一人ずつ丁寧に案内してるって感じらしいです。

 

サイト内から特徴をピックアップすると、

 

・所属するFP(ファイナンシャル・プランナー)がベテラン揃い
・個人個人の事情に合わせた保険会社を見つけられる
・特に女性特有の持病へも配慮

 

ですって。

 

こういうのが助かるよね。

⇒ ピースネットのサイト

 

 

ここでは、わたしが実際に資料請求をしてから加入ができる保険を見つけるまでの体験談を、このページに随時追加していきたいと思います!(※後日追記:全部終わりました!)

 

 

以前、別の保険一括見積もりの会社を利用したら、何の説明も相談もなく特定の保険会社のセールスばっかりされてサッパリわかんなかった経験があります。

 

そのせいでずっと保険の検討が先延ばし先延ばしになってしまっていたんだけど、今回は大丈夫な気がする。

 

けど実際に申し込んでみないとわからないので、まずは資料を請求してみました。

ピースネットは診療内科や精神科の通院歴・入院歴があっても加入が可能な保険

 

ピースネットなら、かなりの症状の範囲をカバーして保険加入が可能になるようです。

 

叔母に教えてもらった会社なので心配は無いとは思うんだけど、自分でもサイト内を細かく確認してみました。

 

 

 

ピースネットなら自律神経失調症でも保険に加入出来る

 

 

自律神経失調症も、

 

 

 

ピースネットなら統合失調症でも保険に加入出来る

 

 

統合失調症も、

 

 

 

ピースネットなら適応障害でも保険に加入出来る

 

 

適応障害も、

 

 

 

ピースネットならパニック障害でも保険に加入出来る

 

 

パニック障害も、

 

 

 

うつ病パニック障害、自律神経失調症の私が保険に加入出来るかな?

 

 

うつ病も、

 

 

 

なんでもOK。

 

ほとんどの診断には対応した保険があるみたい。

 

 

ちなみにわたしは診療内科を渡り歩いたので、自律神経失調症適応障害パニック障害うつ病の診断が降りてます。

 

あと不眠症も。

 

ある意味エリート。汗

 

たぶんもっとハシゴしたら、さらに増えたと思う。笑

 

 

パニック障害は完全な誤診だと思うけどな〜。

 

調べたら症状が全く違うし。

 

精神科や心療内科の診断ってあんまり当てにならない。汗

 

 

おかげで飲まなくてもいいソラナックスを飲んで、離脱症状(禁断症状)に苦しんだし、ほんとこわかったよ。汗汗

ピースネットの資料の無料請求

 

ピースネットは医療保険・生命保険各社の資料を全部持っているので、資料請求しても保険会社にはこちらの情報は飛ばないんですって。

 

 

よ、よし、資料請求だっ。。。

 

 

よ、よし・・・

 

お、おすぞ〜。

 

 

ピースネットの資料請求

 

 

 

なんかいっぱい保険会社の項目が出てきた。よくわからんので、とりあえず全部選んどこう。あとは資料が来てから考える。

 

 

※後日追記

 

全部選んで良かったです。自分の条件に合った保険を探さなくてはいけないので、基本は全部請求がいいみたい。

 

あと、チェックする部分はそんなに多くないので、請求した保険会社の数が多くてもそんなに負担になりませんでした♪

 

 

保険会社の資料

 

 

 

名前を入れて、っと。

 

 

保険会社のWeb資料請求

 

 

 

相談の内容も入れとく事にしました。入れなくてもいいみたいだけど、プロの会社らしいので今後の情報に期待したいです。

 

なんか「eメール配信希望」するかのチェックがあって悩んだけど、やっぱり入れとく。

 

大事な事がわかるかも。

 

 

医療保険の相談

 

 

 

 

全部入れたら・・・送信っ!

 

 

 

 

ピースネットから資料請求受付のメールがきた

 

 

 

 

メール来た!

 

 

どきどき。

保険の資料を請求したら、ピースネットからメールが来ました。

 

持病でも入れる医療保険の資料請求をしたら、すぐさまメールが来ました。

 

 

ピースネットからの返信

 

 

読むの大変だと思うので、かいつまんでいうと、

 

 

・1週間くらいで資料がくる
・到着してしばらくしたら補足説明をしてくれる

 

 

・特定の保険会社に偏らずに、わたしに合ったものを教えてくれる
・請求したもの以外にも保険会社はある

 

 

って感じ。

 

 

最悪、請求した資料では全部加入不可とかなってるかもだけど、それでも絶望しなくてもいいってことみたい。

 

 

たぶん。

 

まずは資料が届くのを待ちます。

 

その間にサイト内を見て、この持病・通院歴OKの保険が何なのか調べておきますね。

わたしたちが狙う保険は「引受基準緩和型」

 

持病・通院歴OKの保険専門代理店のピースネットに資料を請求しました。

 

 

でも、まだ届くには1週間ほどかかるので、その間にサイトでお勉強をしておこうと思います。

 

 

 

「引受基準緩和型」

 

 

漢字が5つ以上続くと、拒否感出てくるよね。笑

 

 

これなのだけど、

 

 

申込書に3つ4つ質問事項があって、それをクリアーしたら加入出来るってもの

 

 

らしいです。

 

 

「**病じゃありませんか?」

 

 

とか聞かれるのだと思う。

 

 

単純な質問だけど、それに一つでもあてはまると申込み自体が出来ない。

 

 

というものらしい。

 

 

でも、そんなに厳しい条件じゃないらしく、そして保険会社によって条件も全然違うらしいので、その中で自分に合った保険を探すという感じ。

 

 

たぶん。汗

 

 

でもだとしたら、資料をあるだけ請求したのは正解だったね。

 

 

資料が届いたらもっとわかると思うので、しばしお待ちくださいね。

保険会社の資料が届いたよ!

 

資料が届いたよ!

 

 

ピースネットの資料

 

 

担当者さんの名刺つき。
(迷惑かかったらいけないので、名前とかは修正)

 

ピースネットの郵便の写真

 

 

 

■相談・問い合わせ窓口

 

挨拶の紙も入ってて、中には問い合わせ窓口の案内もありました。

 

「ご相談はお気軽に」

 

ですって。

 

 

■とりあえず資料を見みました♪

 

ピースネットからはありったけの保険会社の資料を請求したのだけど、その中の一つがこれ。

 

 

心療内科通いでもOKな医療保険

 

 

簡単にいうと、

 

4つの質問があって、それの全部が「いいえ」だったら晴れて保険に申し込む事が出来るんですって。

 

 

例えばこれだと、

 

読まなくてOKだよ。

1.過去2年以内に、病気や毛がで、入院をしたことまたは手術をうけたことがありますか?
2.過去5年以内に、ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)で、入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか?
3.現在、ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)、慢性肝炎、肝硬変で、医師の診察・検査・治療・投薬をうけていますか?
4.最近3ヶ月以内に、医師の診察または検査により入院または手術をすすめられたことがありますか?

 

 

逆にいうと、どれか一つでも該当しちゃうと申し込み出来ない。

 

ただし、資料も沢山あるし、保険会社ごとに規定が違うから、自分に合った保険がある可能性は高いです。

 

医師の診断書もいらないので、かなり気軽。

 

 

そ・の・か・わ・り

 

 

ちょっと高いよ。やっぱり。

 

 

ただね、

 

 

■一生これに入っている必要はないみたい。

 

通院歴の告知義務期間が過ぎたら、あたらしい保険を探せばいいってわけ。

 

告知義務期間は5年間で、わたしもあと4年くらいあるから、それまではひっそり待ってる。

 

 

あ、これね、

 

 

ピースネットの人に聞いてみたんだ。

 

 

資料が届いて、ちょうどいい頃合に電話が来たんです。

 

あ、しつこい営業じゃ全然なかったよ。

 

まあそのへんも含めてまたお話しますね。

引受基準緩和型の医療保険の資料が沢山届いた

 

今回資料請求した保険は、

 

いくつか質問項目があって、それの全てが「いいえ」であれば、晴れて保険加入が可能になるというもの。

 

心療内科や精神科受診歴があってもOK、な保険もあるってこと。

 

資料を1つずつチェックです。

 

ピースネットから来た医療保険の資料

 

 

ちょっとめんどい。汗

 

 

まずは、EVER。

 

うつ病パニック障害、自律神経失調症の私が保険に加入出来るかな?

 

 

CMいっぱいしているアフラックの保険がEVERね。

 

 

さて、中身は。

 

 

アフラックの引受緩和型の条件

 

 

 

なあんだ、質問は3つだけじゃん〜。

 

 

って思ったら、別表があるのね。

 

ってことは条件メチャ多くない?汗

 

 

条件1.と2.は入院に関して。

 

入院はしたことないので、条件3、つまり別表Bに該当がなければ申し込みOKなわけね。

 

everはうつ病不可

 

 

 

うつ病

 

パニック障害

 

不眠症

 

 

ぃえい!

 

 

3つ当てはまる!

 

 

汗。

 

 

はい、つぎつぎ!

 

 

まだ資料は沢山あるし。

 

 

※こういうのを引受基準緩和型って言って、当てはまるのがなければ晴れて加入OKになるそうです。

精神科・心療内科通院でも医療保険に加入出来そう!

 

つづきです。

 

 

ライズ・サポートの審査

 

 

 

ライズ・サポート

 

 

 

引受緩和の条件

 

 

 

別表2の診察を参照。

 

 

既往症のリスト

 

 

「うつ病」

 

 

あうと。

 

はい次。

 

 

 

 

キュア

 

 

 

CURE(キュア)

 

 

 

キュアはうつ病だと保険には入れない

 

 

「うつ病」

 

 

 

もしかして、全然ないんじゃ?汗

 

 

ただ、

 

一緒に届いた挨拶の紙にも

 

 

「お客様に適した別の保険の紹介ができます。」

 

 

みたいにあったよね。

 

 

心療内科・精神科の通院でも紹介出来る保険がある

 

 

 

 

ともかく届いた資料は全部チェックだよ!

 

 

 

アクサ生命の医療保険

 

 

AXA(アクサ)

 

 

アクサの引受緩和型の条件

 

 

1.過去2年以内の入院・手術

 

2.過去5年以内のがん

 

3.がん

 

4.最近3ヶ月以内の入院・検査

 

 

これ!

 

別表がないよ!

 

 

ヤッター!

 

 

アクサはOKです。

 

 

 

残りひとつがこれ。

 

 

エース保険

 

 

エース保険なのだけど、これ、緩和条件が無いんだ。

 

表紙をよく見ると、

 

 

「医師の審査も健康告知も不要です。」

 

 

って書いてる!

 

 

すごい!

 

 

ということは、

 

 

アクサとエースの2社がOKってことね。

 

 

あとは他の保険がないか、ピースネットの方に問い合わせするのと、料金とか条件の比較検討だね。

 

 

そろそろ専門家のアドバイスが欲しい。

 

ピースネットの資料請求

保険会社の資料請求後、ピースネットから電話が!

 

保険代理店と資料を見ながら電話で相談

 

 

今回の保険代理店、ピースネットからちょうどいいくらいのタイミングで電話がかかってきたので、担当者さんにため込んでいた質問をしてみました。

 

 

■まず、普通の保険だと必ず医師の診断書が必要。

 

病歴、服薬の内容などを細かく調査される。

 

 

■引受基準緩和型では、最初に3〜4の質問が出されて、それさえクリアしたら保険加入が出来る。

 

 

って流れ。

 

 

大体なので、細かくは担当者さんに聞いて欲しいです。資料請求したら担当者さんがついてくれるので。

 

 

それで、実際引受基準緩和型の医療保険、生命保険に入る時に気になるリスク、デメリットを確認してみました。

 

正直わたしたちが考えるようなリスクはほとんどないみたい。

 

 

 

精神科・心療内科通いでの保険加入で気になる事を全部聞いてみました!

 

 

資料請求に個人情報を入れるが、それが保険会社に届くか?
届かない。

 

ピースネット内で最新の資料を保有している。それを貰える。

 

その中から自分に最適なものを相談して決めてから申し込みをするのでリスクは小さい。

 

 

ひとつの保険会社に審査をしてもらったら、他の保険会社にも通院歴が伝わってしまうか?
そういう事はない。

 

その辺は個人情報が守られているみたいです。

 

借金とかの情報は金融機関で共有してるよね。でも保険はそういうのはなし。

 

なので、引受基準緩和型を受けて、告知義務期間が過ぎたら別の保険を選んでもOK。

 

 

じゃあ5年後、緩和型じゃない保険に切り替えるとき、それまで緩和型で入ってた保険会社には加入出来ないんじゃ?
そういう事ではない。

 

引受基準緩和型では、自分の病歴は一切伝わらない。

 

あくまで保険会社が指定した質問、

 

例えばそれが、がんだったり、心療内科通いだったり、色々だけど、

 

「ありますか?」

 

の質問に、「はい」か「いいえ」で答える。

 

 

・そして「はい」の場合

 

わざわざ詳しく伝えなくても、審査も何も出来ないので、「はい」がついた時点で話はなかったことになる。

 

 

・そして「いいえ」の場合

 

それ以上は追求されないので、自分が何の通院歴や既往症を気にしているかはバレない。

 

 

いずれにせよ、自分の既往症や通院歴は一切バレない。

 

 

それからピースネット担当さんによると、

 

「診療内科や精神科以外の病気だって人間生きていれば普通にある。なので、必ずしも過去の5年以上まで掘り返して見たりもされない。」

 

との事。

 

絶対大丈夫という話ではないけど、実際に乗り換えしている人も多くいるので、今の段階で気にする事ではなさそう。

 

 

健康診断の結果がわるかったら?
これは引っかかるものもある。

 

加入できるものと出来ないものがあるのは同じ。

 

でも健診結果が悪ければ、その分選択肢が減る。

 

出来るだけ健康になるように努めておいたほうが無難です。

 

基本は過去3ヶ月の間の診断は問われる。

 

「再検査」がついていたら、それは告知の項目に入っている。

 

再検査の結果、「問題無し」ならばOK。

 

もしくは回復させて診断を受けるのが理想。

 

当分は回復しないならば、加入できる緩和型の保険に入って様子見しておくのが良さそう。

 

 

でもやっぱり、なんか不安。それに面倒そう。

わたしも同じでした。

 

わたしの場合、あれこれいっぱい考え過ぎでした。

 

なので、とりあえずは資料請求だけ考えて、あとの事はあとで考える事にしました。

 

でもこのサイトに載せようと思ったのでちょっと頑張った。笑

 

資料請求が終わればあとは基本ピースネットの方が誘導してくださるので、資料をどこに置いたか忘れないようにしておいたらOKです♪

 

 

精神科や心療内科に通っている間はこの引受緩和型しかないけど、通院が終わって5年経ったら普通に医療保険や生命保険に入れそう。

 

心もそうだけど、体の健康も維持しなくてはですね。

 

体が良くなると、心の方も良くなってくるし。

 

 

 

■引受基準緩和型がダメだったら

 

あとね、引受基準緩和型(限定告知型)がダメだったらば、無選択型という保険があるそうです。

 

料金は引受基準緩和型の場合、普通のに比べてちょっとだけ高いって感じだけど、

 

無選択型は結構高いです。

 

それから持病の分は保証されないそうです。

 

 

(ピースネット公式サイトより)

 

無選択型医療保険

 

1.告知や審査が全くないので、どのような病気をお持ちの方でも加入することができます。
2.持病や既往症を原因とする入院や手術は保障の対象外となります。
(※保険会社・保険商品により一定期間・条件を設けたうえで保障されるものもあります。)
3.告知や審査がない分、保険料が割り増しになっています。
(引受基準緩和型・限定告知型と比べても割増部分はより大きくなっています)

※ピースネットのサイト

うつ病やパニック障害、自律神経失調症や適応障害で精神科の通院がある人の保険加入まとめ

 

ピースネットは心療内科の通院歴があるわたしでも加入可能な保険を見つけてくれました。

 

ここではピースネットとの相談でわかった事をまとめたいと思います。

 

 

 

専門の代理店を介して保険を見つけること

 

直接保険会社に問い合わせをしない。

 

代理店への相談ならば、入院通院歴や既往症の事がバレずに済みます。

 

そして、わたしたちが加入を考える保険は

 

・引受基準緩和型保険

 

というものだという事がわかりました。

 

 

 

告知義務期間が過ぎたら通常の保険に切り替えられる

 

やっぱり引受基準緩和型って料金が割増になってる。

 

なので時期を見て乗り換えした方が良さそうです。

 

 

 

はじめは公式サイトから資料の無料請求

 

病歴とかは人によって違うので、まずはありったけの資料を請求してみたらいいと思います。

 

あとはピースネットの人が誘導してくれます。

 

届いた資料には相談の窓口の案内もあります。

 

しばらく経ったら電話が来るので、資料を見ながら相談するといいでしょう。

 

女性特有の相談でも配慮した担当の方がついてくれます。

 

 

 

加入可能な保険がなくても諦めない

 

資料請求には公開していない保険会社もあるそうです。

 

なので資料に加入できるものが一つもなくても諦める必要はないです。

 

 

届いた資料には相談窓口の案内もあるので相談するといいです。

 

強引な勧誘電話とかでは全然なくって、本当に相談って感じだったので心配ないと思います。

 

 

ピースネットのサイト

 

ピースネット