うつな考えを止めたい

うつ状態になると悪いことばかり考えてしまいます。

 

親に負担をかけてしまうこと。

 

このまま親がまいってしまって倒れてしまうんじゃないか。

 

朝が起きてこなかったらどうしよう。

 

 

自分の健康。

 

治る気がしない。

 

障害者年金とかの申請の仕方とかを調べたり。

 

 

お金もない。

 

将来もない。

 

 

後悔。

 

あの時ああしていれば、こんな事にはならなかった。

 

 

あと1年、半年だけ時が戻ればこんな事にはならないのに。

 

 

考えるのを止めても止めても強引にそれが頭に割り込んできてしまいます。

 

 

眠ってしまいたいけど、覚醒しきって寝付けないしすぐ目が覚めてしまいます。

 

開放されたいです。

ヨガの呼吸法を取り入れてみました。

ヨガの呼吸法を取り入れてみました。

 

自律訓練法という、自律神経を整える訓練もあるんです。

 

体の手足全身に注意を向けて精神統一をする方法ですけど、心身参っている時にはとても出来ないです。

 

やってみたけど結局余計なことばかり考えてしまって続けられませんでした。

 

 

なので、

 

 

呼吸だけに注意を向ける。

 

 

鼻で息を吸って、口から吐き出す。

 

意識的に行ないます。吐くときは心持ちゆっくり。

 

余計な考えをなくし、自分と呼吸だけになる。

 

余裕があれば、息を吐くときに体内の老廃物やストレスも吐き出しているようなイメージを作ると集中しやすいです。

 

他にも独自に色んなイメージを作ってやってみるといいと思います。

 

 

これだけに注意を向けて、1時間でも2時間でも続けます。

 

続けている間だけは辛い事を考えずに済むし、終わったあとも幾分心が落ち着きます。

 

 

時間がある限り1日中やっていた事もあります。

 

単純だし、効果も高いです。

 

 

呼吸だけが自分で意識して動かすのと、副交感神経が自動的に動かすのと、両方同時に起きる活動です。

 

呼吸で自律神経を少し操れる。

 

なので人間の生命活動で呼吸がとても大事なのだそうです。

 

 

寝る前というか、寝る時にやると寝つきがいいです。

 

それまではラジオとか音をだして聞く事で余計な事を考えないようにしていたけど、かわりに呼吸法を始めてからそれも必要なくなりました。