自律神経失調症の間はろくな夢をみないです

自律神経失調症の時はまず不眠になる人が多いです。

 

⇒理由はこっち

 

起きている間中、不安や過去の後悔の記憶、良くない考えばかりが浮かんでしまいます。

 

せめて眠って心安らかにと思っても、なかなか眠りにつけない。

 

眠りについてもイヤな夢を見る場合が多いです。

 

わたしも同じです。

 

高速道路を歩いて横断しなくてはいけない夢や、食事のおかずに気持ち悪い虫が出てくる夢などろくなものがないです。

 

やはり悪夢を減らすためには少しでもストレスを軽減するのが先のようです。