復職を考えるあなたに

 

わたしは幸い自律神経失調症からの復職を果たしました。

 

症状が重い間は絶対に不可能だと思っていました。

 

 

・身体的に不可能
少し動く事だけが辛くて、吐き気や高血圧、体中の機能がおかしくて、働くどころか日常生活も危うい状態でした。

 

 

・精神的に不可能
ネガティブな事ばかりしか頭に思い浮かびませんでした。思考もかなり鈍く、脳が壊れていっていると思っていました。2ヶ月以上かなり具合が悪かったけど、実際はそうではなかったと思います。

 

 

・社会的に不可能
まず、復職は認められないと思っていました。「産業医は会社とグル」とか、「休職から復職出来た例はない」とか、インターネットではそういった偏った情報ばっかりでした。わたしもそれを信じ込んでいたので復職は絶対に不可能だと思い込んでいました。

 

 

身体、精神は回復します。それなりの努力はいるけど。

 

そして世の中冷たい、厳しいこともあるけれども、余裕がある事もあります。

 

わたしの会社の勤務はほぼ100%客先のみで働くもので、調子を崩したのも客先でした。

 

当然会社にも客先にもとてつもなく迷惑をかけてしまったし、

 

会社としては「また同じ事を起こして客先の信頼を失いたくない」という判断になっても仕方がない事だと思いました。

 

というかそれ以外の判断が下るとは思っていませんでした。

 

しかし、復職出来ました。

 

 

産業医は普通に診断して復職許可を出してくれたし、会社もそれに基づいて復職させてくれました。

 

 

これはわたしが幸運だったのだと思います。

 

無理な会社も実情は存在するとは思います。

 

でも、

 

世の中絶対にダメな事ばかりじゃないです。

 

ダメだったら、あんまりいい会社ではないので、次を探せばいいと思います。

 

大きな会社だったら都合が悪い事が大きくても認めてくれる場合が多いです。

 

 

復職を考えていても、

 

なにより、

 

会社より、

 

心身の調子を上げていくのが先決だと、今になって思います。

 

 

そして復職を考えて悩んでいるのは、あなたの心が回復を目指して前向きになっている。何よりの証拠です。

 

 

当時はとてもそうは思えなくって、絶望ばっかりだったけど、

 

でも世の中冷たい事ばかりじゃないよと、そう伝えたいです。

自律神経失調症からの復職記事一覧