自律神経失調症の睡眠を改善する方法

自律神経失調症で睡眠が激変しました。

 

以前はいつでもどこでも、10時間でも12時間でも眠っていられたのですけど、寝つきにくく目覚めやすいです。

 

夜10時に寝ても12時くらいまで寝付けない。そして翌1時には目が覚める。その後寝付いても3時、5時も起きる。

 

そのまま眠れない事も多いです。

 

まず寝付けないのでTVをタイマーセットでつけながら、聞きながら寝ていました。

 

実家に帰ってからはラジオで。

 

でもうつ状態がヒドいと様々な言葉に反応して傷ついてストレスを感じます。

 

内容によっては恐怖を感じたりします。

 

 

でも最近、まだ以前ほどは眠れていないけど、徐々に、少しずつ、眠りが戻ってきています。

 

一番よかったのは呼吸法かな。⇒呼吸法について

 

ヨガの呼吸法を真似て、腹式呼吸で吸ったり吐いたり、呼吸に集中する事。

 

鼻で吸って、口で吐く。

 

吐くときには力を抜きながら、体や心の老廃物が排出されているようなイメージで。

 

余計なことを考えないで済むので、その時間はストレスを感じずに済みます。

 

一日の合計のストレスが減るので、自律神経が整ってきます。

 

呼吸法も案外簡単ではないので、一生懸命やっている間は余計なことを考えずに済みます。

 

なので就寝時に行なうと寝つきやすいです。