心療内科・精神科の医師は当てにならない

ソラナックスが無意味としか思えなくて、断薬しようとしたのですけど、服用を中止した途端に離脱症状(禁断症状)が出てきました。

 

医師に止めたいと相談したところ、

 

「死にはしないから中止していいよ」

 

禁断症状の話をし、徐々に止められないか聞いたら、

 

「昼を抜いてみたりするといいんじゃない?」

 

その方法で失敗したから相談しているのだけど。。

 

なんだか話し方もモゴモゴだし、減薬には積極的じゃないみたい。

 

 

実はこのクリニックでパロキセチン(パキシル)を処方されたのですけど、具合が悪くなって中止しました。

 

このパキシルも多くの人が長期間の服用で依存が形成されて止められずに苦しんでいるのですけど、

 

「止めにくいとか、そういった認識はないですけどねえ。」

 

 

不眠があったので眠剤を処方してもらったのですけど、依存や副作用が気になります。

 

「ああ、これは本当に依存も耐性もないから。」

 

(耐性って、薬が効きにくくなる事らしいです。)

 

ちょっと先生に不信感を持っていたので自宅に帰ってインターネットで調べてみました。

 

やっぱり依存はあるみたいで、耐性は出来にくいけど副作用は強いみたいです。

 

実際飲んだら良く眠れたのですけど、翌日は具合が悪かったです。

 

 

信頼出来る心療内科医って、治療の出口の話をしてくれる医師だと思うんです。

 

出す薬の副作用や依存や耐性についても教えてくれる医師だと思うんです。

 

診療内科を数件通いましたが、期待する効果は教えてもらえるけど、その先について教えてくれる医師はいませんでした。

 

 

その辺をぼやかす医師って信頼出来ない。

 

多くの心療内科の公式ページを見たけれども、どれも減薬に積極的なところはないです。

 

ソラナックス減薬の記録